性腺ホルモンはどんな働きをしているのか

内分泌代謝の代表的なアクションの中には、性腺ホルモンの働きがあります。性腺ホルモンの名前からも想像できる通り、男性や女性といった性別の違いを現すような役割を担っています。

ここでは性腺ホルモンにスポットをあて、その働きや、役割などについて紹介していきましょう。

性腺はどんなホルモンを分泌しているのか?

性腺は、一体どのような内分泌代謝を行っているのでしょうか。まず男性が持っている精巣において、精巣ホルモンと呼ばれる男性ホルモンの代表格、テストステロンの分泌を行っています。

一方、女性の場合には、特有の器官である卵巣において、卵胞ホルモンと呼ばれるエストロゲン。そして黄体ホルモンと呼ばれるプロゲステロンの分泌を行っています。

美容やダイエット、筋トレなどに詳しい方であれば、お馴染みのホルモン群になりますが、男性らしさや女性らしさといったものを示すには欠かすことができないホルモンになります。

不妊が多くなっている現代では大注目

以前の世の中と比較して、近年多くなっているのが、男性や女性の不妊です。結婚をし、子供を授かりたいと望んでいる夫婦には、非常に大きな問題です。

性腺ホルモンは、その名前からも分かる通り、生殖器に関して様々に作用する重要な働きをしているため、注目されているホルモンでもあります。

例えば精巣ホルモンは、精子の量そのものもコントロールしてくれますし、元気でしっかりと受精できる可能性があるような質の高い精子を製造するにも役立っています。

エストロゲンやプロゲステロンも妊娠をし、無事に出産を実現させるためには絶対に必要なホルモンになります。また、過剰に分泌されれば良いというわけではありません。内分泌代謝が行われないのはもちろん、内分泌代謝が過剰に行われてしまっても、妊娠をすることができません。

バランスこそが大事だということです。

性腺刺激ホルモンが足りないとどうなる?

性腺刺激ホルモンが足りない場合には、どのような症状が出てしまうのか。男性の例も女性の例も挙げていくとキリがなくなるので、ここではエストロゲンにスポットを当てて紹介します。

エストロゲンの減少で起こる女性の代表的な疾患といえば、更年期障害です。イライラしたり、集中できない。ウツのような状態になったり、慢性的な頭痛や肩こり、冷えなどに悩まされることになるのです。