内分泌代謝疾患の代表格糖尿病とは?

現代病と言われる疾患は様々に存在しますが、その中でも圧倒的な患者数を持つのが、糖尿病です。実は糖尿病は、内分泌代謝疾患の代表的なものなのです。

現在、糖尿病は、患者数950万人、更に予備軍が1100万人存在していると言われています。
ここでは、糖尿病について深く掘り下げていきましょう。

糖尿病とはどんな病気なのか?

内分泌代謝疾患の中でも、冒頭にもある通り、現代の日本人の多くを苦しめているものといえば、糖尿病です。この糖尿病とは、どのような病気なのでしょうか。

糖尿病は、すい臓から分泌されるインスリンというホルモンが十分に分泌されないために引き起こされる疾患です。このインスリンが正常に分泌されないと、どのような弊害が起こるのでしょうか。

それは、血液中の糖分がエネルギーとして十分に利用することができず、血液の中に糖分が溢れてしまっている状態になるのです。

喉が渇いたり、頻尿になる。他にも視力や体重が落ちたり、手足のしびれなどの諸症状が見られますが、自覚症状が全くないケースも多いとされています。

糖尿病が最も怖いのは合併症を患うこと

前述の症状を見てみると、直接命にも関わらないし、大したことはないじゃないかと思われる方も多いことでしょう。実際に糖尿病だと判明しても、あまり生活にこまるような症状が出ていないことも多いため、そのままにしてしまう方も多くいらっしゃいます。

内分泌代謝疾患の中でも、代表的な糖尿病が最も怖いのは、合併症を患ってしまった時なのです。代表的なものが3つと言われており、神経障害と網膜症、そして腎症だと言われています。

つまり、糖尿病というのは、神経と血管を犯す病気であるわけです。血液がドロドロになり、血症ができ、それが脳や心臓で詰まる。そこに大量の血液が流れ込み、血管が膨らんで破裂なんてことになると、突然死にもつながるものなのです。

このように合併症によって、様々な疾患を引き起こしてしまう恐れがあり、そのままにしておくのは良い選択ではありません。

内分泌代謝疾患の代表である糖尿病を患った場合、どういった治療を行うのでしょうか。

一般的には、運動療法と食事療法になります。肥満や過食、ストレスや運動不足などで起こるため、薬物療法やインスリン療法なども行いますが、基本的には生活習慣の改善で治療をしていくのです。